トンデモない一行知識の世界 OLD - 唐沢俊一の「雑学」とは -

一部で有名な唐沢俊一の一行知識に、ツッコミを入れたり派生トリビアを書いたり。
「愚かで分別のない人と思われたいなら、唐沢俊一のトリビアを引用しなさい。」

 
旧 URL は、http://diary.aol.com/yzuc9ww/842.html
文字列の一括置換をかけた都合上、旧ブログのコメント欄および2ちゃんねるのスレからの引用の中の URL も全部新 URL に置き換わっていますことを、あらかじめご了承ください
http://tondemonai2.blog114.fc2.com/ で続きの Blog をやっています
   
 

2009/1/14  0:30

うざったいほど肉体を神聖視する宗教家ってそんなに多いの?  『トンデモ一行知識の逆襲』間違い探し編

『トンデモ一行知識の逆襲』 P.148
 宗教家によれば人の体というものは神が特別に創りたもうた、神聖なもの
である。しかし、その神聖ぶりがときおりうざったくなるのも事実だ。

人の体」を「神聖なもの」とするのは、「身体髪膚、これを父母に受く。あえて毀着せざる
は孝の始めなり
」などといったりする儒教の流れっぽいけど、「人の体というものは神が
特別に創りたもうた
」からだとは、儒教ではあまりいわない。

神が特別に創りたもうた」とかいいそうなのはキリスト教だけど、こちらは肉体を「神聖な
もの
」と教えていない。それなりに自分の体は大事にする必要があるだろうし、自殺など
は論外とされるけど、何より唯一絶対神への信仰をつらぬくことが最優先だから、殉教と
いうのもあったくらいで。

いやまあ、親からもらった体はある種神聖なものと何となく思い、万物の創造神の存在も
何となく信じていたりするのが多くの日本人の民間信仰だといわれたら、特に反対する
気もないけど、少なくとも、それ、「宗教家によれば」うんぬんという話ではないと思うぞ。

http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya1205.html
>完全な身体を父母から与えられたのだから、その完全なシステムを父母に返すこと、
>さらには祖先に返すこと、それが「孝」なのである。「身体髪膚、これを父母に受く。
>あえて毀着せざるは孝の始めなり」と『孝経』にもある。自分の身体は父母の遺体で
>あり、父母の身体は祖父母の遺体なのである。


http://salesianbible.blogspot.com/2008/06/blog-post_13.html
>マタイによる福音
>もし、右の目があなたをつまずかせるなら、えぐり出して捨ててしまいなさい。体の
>一部がなくなっても、全身が地獄に投げ込まれない方がましである。もし、右の手が
>あなたをつまずかせるなら、切り取って捨ててしまいなさい。体の一部がなくなっても、
>全身が地獄に落ちない方がましである。


http://blogs.yahoo.co.jp/mugi1224/57257678.html
>マルコ14:32~42からの学び
>「誘惑に陥らないように、目をさまして、祈り続けなさい。心は燃えていても、肉体は
>弱いのです。」(38)


関連ガセビア:
死んだ犬は神の猟犬にもなれないし
もっとも長く生きた者は、もちろんメトセラである



   
 
HOME

 

 

inserted by FC2 system