トンデモない一行知識の世界 OLD - 唐沢俊一の「雑学」とは -

一部で有名な唐沢俊一の一行知識に、ツッコミを入れたり派生トリビアを書いたり。
「愚かで分別のない人と思われたいなら、唐沢俊一のトリビアを引用しなさい。」

 
旧 URL は、http://diary.aol.com/yzuc9ww/524.html
文字列の一括置換をかけた都合上、旧ブログのコメント欄および2ちゃんねるのスレからの引用の中の URL も全部新 URL に置き換わっていますことを、あらかじめご了承ください
http://tondemonai2.blog114.fc2.com/ で続きの Blog をやっています
   
 

2008/6/21  1:07

πやオッパイが好きな人もパイセクシャルなのでは  その他の雑学本 間違い探し編

唐沢俊一「知らなきゃ良かった!」 (MouRa)
第七回「性欲の遠い果てに」
http://moura.jp/liter/karasawa/007/index.html#007
「パイ投げ」……昔のコメディ映画では定番だったパイ投げだが、これの
愛好者は現在でも多く、ヨーロッパにはパイ投げ専門クラブまであるという。
お客が店員たちと、ひたすらパイを相手の顔に向けて投げ合うのである。
中にはセックスの最中に、誰かに頼んで顔にパイをぶつけてもらわないと
エクスタシーに達せない、というやっかいなカップルもいる。英語では“パイ・
スローイング”または単に“パイイング”と言うが、“パイ顔マイク”と呼ばれ
ているパフォーマンス・アーティストがいて、彼はパーティなどに呼ばれると、
そこでパイを持ち歩き、誰彼かまわず突然、パイを出席者の顔にぶちかま
して、大喝采を受けるという。これで性的興奮を得る人のことを“パイセク
シャル”と呼ぶそうである(ダジャレではないよ!)。

ダジャレではないよ!」といわれても、唐沢俊一が他のところでいっていたように、
“パイセクシャル” (Pisexual) は、以下でいうパイマン (PieMan) のうちの 1 人が、
個人的に使っていただけの言葉みたいで、こういうのを普通は駄洒落という。

『東大オタク学講座』第十二講 愛と誠の変態講座
http://netcity.or.jp/OTAKU/okada/library/books/otakusemi/No12.html
唐沢 ゲイ専門のパイ投げクラブで「パイマン」と呼ばれるスタッフが大暴れ
したり、一八歳の男の子の例だと、ヤッてる最中にパイを投げつけられるのが
一番燃えるそうで、彼は自分のことを「パイセクシュアル」と呼ぶそうです


http://www.sfweekly.com/2002-03-27/news/the-slime-of-their-lives/
> Over time, the PieMan became something of a cult personality in SoMa. He had
> an assistant who carried his suitcase and rolls of paper towels. He printed up
> "Pisexual" T-shirts and Pisexual calling cards that read, "Good evening miss ...
> would you like to smash, rub, and place a pie in my face?"


で、“パイ・スローイング”や“パイイング”は、普通に使われているとして (唐沢の文章
だと「やっかいなカップル」のときにのみ使われるようにも読めて、少し紛らわしいけど) 、

http://en.wikipedia.org/wiki/Category:Pie_throwing
http://en.wikipedia.org/wiki/Pieing

パイ顔マイク”というのがよくわからない。「"パイ顔マイク" 」でググってヒットするのは、
http://kodansha.cplaza.ne.jp/karasawa/007/index.html と、2ちゃんねるのスレだけ。
http://en.wikipedia.org/wiki/Pieing の中にも該当しそうなのがないし、"Pie Face"
と "Mike" でググっても有名人っぽい人は見つからない。別エントリ (「夕日の陰のピンク
の豹
」) に登場したことのあるマック・セネット (Mack Sennett) なら、Wikipedia の方には
載っているんだけど。

その他参考 URL (Pisexual と Pie Face 関係) :
- http://uncyclopedia.org/wiki/Piesexual
- http://www.urbandictionary.com/define.php?term=pisexual
- http://www.pieface.com.au/mainmenu.php
- http://en.wikipedia.org/wiki/Dennis_the_Menace_(1996_TV_series)




http://love6.2ch.net/test/read.cgi/books/1212823815/477-

477 :無名草子さん:2008/06/18(水) 06:10:12
『唐沢俊一のホラー朗読館 聴かなきゃ良かった』第7回 性欲の遠い果てに
http://moura.jp/liter/karasawa/007/index.html#007
>「パイ投げ」…… 昔のコメディ映画では定番だったパイ投げだが、
>これの愛好者は現在でも多く、ヨーロッパにはパイ投げ専門クラブまであるという。
>お客が店員たちと、ひたすらパイを相手の顔に向けて投げ合うのである。
>中にはセックスの最中に、誰かに頼んで顔にパイをぶつけてもらわないとエクスタシーに達せない、
>というやっかいなカップルもいる。英語では“パイ・スローイング”または単に“パイイング”と言うが、
>“パイ顔マイク”と呼ばれているパフォーマンス・アーティストがいて、彼はパーティなどに呼ばれると、
>そこでパイを持ち歩き、誰彼かまわず突然、パイを出席者の顔にぶちかまして、大喝采を受けるという。
>これで性的興奮を得る人のことを“パイセクシャル”と呼ぶそうである(ダジャレではないよ!)。

裏モノ日記 2007・09・27
http://www.tobunken.com/diary/diary20070926123158.html
>現在でも女性の顔にパイを投げつけるシーンで興奮する
>人はたくさんいるようで、“パイセクシュアル”とこれを
>呼ぶ研究者もいるらしい(本当か?)

(ダジャレではないよ!)と書いておきながら、(本当か?)と突っ込む。
ネタ使い回しのダブルスタンダード。狼のザーメン少年か。


479 :無名草子さん:2008/06/18(水) 06:31:34
『東大オタク学講座』1997年9月26日版 ・1997.Toshio Okada
第十二講 愛と誠の変態講座
http://netcity.or.jp/OTAKU/okada/library/books/otakusemi/No12.html

>唐沢 ゲイ専門のパイ投げクラブで「パイマン」と呼ばれるスタッフが大暴れしたり、
>一八歳の男の子の例だと、ヤッてる最中にパイを投げつけられるのが一番燃えるそう
>で、彼は自分のことを「パイセクシュアル」と呼ぶそうです(大爆笑)。

呼ぶそうです っていうか「自称」でしょ?
なんか変態業界で一般的に言われている単語かと思ったら、その18歳男子が言ってるダケっぽい。

524 :無名草子さん:2008/06/19(木) 23:33:47
>>479
こんなのならあった。
http://uncyclopedia.org/wiki/Piesexual
あくまで Uncyclopedia だけど。

526 :無名草子さん:2008/06/19(木) 23:43:27
こんなのも。
http://www.urbandictionary.com/define.php?term=pisexual

529 :無名草子さん:2008/06/20(金) 03:52:13
>>477
>>中にはセックスの最中に、誰かに頼んで顔にパイをぶつけてもらわないとエクスタシーに達せない、
>>というやっかいなカップルもいる。英語では“パイ・スローイング”または単に“パイイング”と言うが、
>>“パイ顔マイク”と呼ばれているパフォーマンス・アーティストがいて、彼はパーティなどに呼ばれると、
>>そこでパイを持ち歩き、誰彼かまわず突然、パイを出席者の顔にぶちかまして、大喝采を受けるという。

“パイ・スローイング”や“パイイング”は、普通に使われているみたいだけど
(唐沢の文章だと「やっかいなカップル」のときにのみ使われるのか、ちょっと紛らわしいけど)

http://en.wikipedia.org/wiki/Category:Pie_throwing
http://en.wikipedia.org/wiki/Pieing

“パイ顔マイク”というのがよくわからない。「"パイ顔マイク" 」でググってヒットするのは、
http://kodansha.cplaza.ne.jp/karasawa/007/index.html と、このスレだけ。

http://en.wikipedia.org/wiki/Pieing の中にも、該当しそうなのがないみたいなんだけど。



   
 
HOME

 

 

inserted by FC2 system