トンデモない一行知識の世界 OLD - 唐沢俊一の「雑学」とは -

一部で有名な唐沢俊一の一行知識に、ツッコミを入れたり派生トリビアを書いたり。
「愚かで分別のない人と思われたいなら、唐沢俊一のトリビアを引用しなさい。」

 
旧 URL は、http://diary.aol.com/yzuc9ww/236.html
文字列の一括置換をかけた都合上、旧ブログのコメント欄および2ちゃんねるのスレからの引用の中の URL も全部新 URL に置き換わっていますことを、あらかじめご了承ください
http://tondemonai2.blog114.fc2.com/ で続きの Blog をやっています
   
 

2008/3/1  12:07

罪深き物、汝の名はバイブレーターなり(?)  その他の雑学本 パクリ探し編

『史上最強のムダ知識』 P.225
ちなみに、「大人のオモチャ」のバイブレーターは、もともと女性の
ヒステリー患者の治療器具として開発されたものである。
バイブレーターの発明以前は、患者がヒステリーの発作を起こすと、
専門医が患者の性器を愛撫する、という治療が行われていた。
手での治療は、専門的な技量と時間が必要なため、誰でも使える
器具として、1930年代に、イギリスで開発されたそうだ。

バイブレーターは 1930 年代にイギリスで開発されたのではなく、1911 年には既に
アメリカで電動膣用バイブレーターの特許が申請されていることが、唐沢俊一自身の
監訳している『快楽特許許可局』にも載っているぞというのは、「治療器具としての
バイブレーター」(外部サイト)
の方で。

唐沢俊一のパクリ元と目されているのはこれ。↓
http://www5.big.or.jp/%7Ehellcat/news/0403/24pic.html (webarchive)
>このなんとも無骨な器具、一体なんだと思います?

>……答はバイブレーター。1930年代に開発されたものだ。バイブレーターは
>もともと女性のオナニーグッズではなく、ヒステリー治療のために開発された
>医療器具だったんだって!

>なんでも、バイブレーターが発明される前は、女性がヒステリーの発作を起こすと
>専門医が患者の性器を愛撫して《治療》していたそうな。しかし、その治療には
>専門的な技量(?)が必要だし、時間もかかるため、だれにでもヒステリーの治療
>ができる器具を、ということで開発されたそうだ。

>そして家庭用のバイブレーターが開発されると、「筋肉マッサージ器」と称して
>「グッド・ハウスキーピング」など保守的な女性誌などに広告が掲載され、販売
>されたそうな。……さすが「セックスの偽善の王国」!

>ロンドンの科学博物館で催されている「罪深き物たち」という展示会に出品されて
>いるそうです。


文章は酷似しているが、このサイトの人は、引用している写真のバイブレーターが
1930年代に開発されたもの」であり、それがロンドンの科学博物館の展示会に
出品されていると書いているのであって、バイブレーターそのものが「1930年代に、
イギリスで開発された
」と劣化コピーのガセビアに変形させてしまっている唐沢俊一
とは、いっしょにはできない。



2008/3/1  22:45

投稿者:トンデモない一行知識
http://tondemonai2.web.fc2.com/

元ネタ探しについては、2ちゃんのスレの 768 さんの GJ なんですが
すごいですよね。
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/books/1203820731/768

リンク元のページが残っていて、デッドリンクをたどったのかなと
推測してますが、ブックマークとか別のルートかも。

2008/3/1  20:04


うーむ、そんなところに元ネタがありましたか…。archive.orgから探し出してくるなんて、なかなかすごいなぁ。

   
 
HOME

 

 

inserted by FC2 system